mamasan3’s diary

年長の女の子のママが、旅行やおでかけ・読んだ本の紹介・娘の習い事などについて書いています。

【おでかけ】こどもみらい館「こども元気ランド」(京都市)で室内遊びをしてきました

娘がずっと行きたがっていた、こどもみらい館の「こども元気ランド」。先日、家族で遊びに行ってきました。

 

こどもみらい館「こども元気ランド」とは

こども元気ランドはこんなところです。

大型総合遊具や木の砂場、木馬、ごっこハウスなど、楽しいおもちゃがいっぱい。乳幼児(0才から小学校に入学する前の3月31日まで)とその保護者が親子で一緒に遊びながら、子育ての交流も出来るスペース。毎日、ストリートオルガンの演奏会も実施してます。

 

ここのところ、とても暑い毎日なので、室内遊びができるのは嬉しいですね。ありがたいことに無料なので、気軽に利用できました。

 

今回、我が家は、こどもみらい館の「こども元気ランド」だけを訪問しましたが、館内には図書館があったり、ベビーマッサージなどの親子向けイベントを開催していることもあります。

 

「こども元気ランド」ではこんな感じで遊んできました

入口の様子です。いかにも子供が喜びそうな雰囲気です。

f:id:mamasan3:20180716060917j:plain

 

娘が「こどもみらい館に行きたい!」と長らく言っていた理由はこれ。「パパとママにうんていをやっているところを見せたい!」ということでした。

f:id:mamasan3:20180716060953j:plain

 

逆光になってしまっていましたが・・・

大きな滑り台があります。「室内」「無料」とは思えないほどの大きさです。

f:id:mamasan3:20180716061802j:plain

 

娘が一番はまったのがこちら。登り棒です。未就学児で登り棒をやろうと思う子供たちは限られるようで、空いていることの多いスペースでした。娘は足の皮が擦りむけるほど何度も挑戦していました。

f:id:mamasan3:20180716063140j:plain

 

ブロックスペースも楽しみました。

f:id:mamasan3:20180716061900j:plain

 

他にも木のボールプールや木馬、ごっこ遊びのできるスペース、カードゲームのできる場所があったり・・・そんなに広いスペースではないにも関わらず、いろんな遊びが体験できます!!

 

我が家は今回、1時間20分くらい滞在したのですが、娘は遊び足りないようでした。

 

感想

週末の午後、しかもとても暑い日に遊びに行ったので、もっと混んでいるのかな?と思ったのですが、意外と空いていました。乳幼児(と保護者)のみ入場可で、小学生は入れないので、皆さん、長時間は滞在されないのかもしれません。

 

「乳幼児向け」というだけあって、木馬など、年長の娘には幼すぎる遊具もありました。

皆で歌を歌ったり、手遊びをする時間があり、数年前は吸い込まれていたのに、今回は「赤ちゃん用だから、いい~」と途中で参加をやめてしまった時には、娘の成長を感じました。小学生になったら来られない遊び場ですし、今のうちに楽しんでおかなくては!!