mamasan3’s diary

年長の女の子のママが、旅行やおでかけ・読んだ本の紹介・娘の習い事などについて書いています。

2018年12月の読書記録:「家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ旅育BOOK」、他

 先月読んだ本のまとめ。

 

ニューヨーク・ミリオネアの教え 幸せをつかむ人ほど「見た目」にお金を使う 

 

図書館でリクエストしていた本。半年後になって、私の手元に到着。図書館では無料で借りられるし、読み終わった後も返却できるから、ありがたいけれど、読みたいタイミングで読めないのが難点ですね。特に、自己啓発本は、「読みたい!」と思った時に読むのがポイントですもんね。

 

「自分が何をしたいのか、どこに到達したいのかという目標をクリアに持つこと。そして、どうしたらそこに到達するのか、その方法や道筋をしっかり自分で描き、リバウンド(挫折)しそうになったら、別の道に軌道修正し、進んでいくだけです」(p.9)。基本的なことだけれど、やはりこれが大切なんですね。

 

 

ニューヨーク・ミリオネアの教え 幸せをつかむ人ほど「見た目」にお金を使う

ニューヨーク・ミリオネアの教え 幸せをつかむ人ほど「見た目」にお金を使う

 

 

家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ旅育BOOK

 

これを読んでいると、うきうき♪♪具体的な宿泊施設、観光スポットの紹介が豊富なので、行きたいところがどんどん増えていきます!!

 

私の場合は、星野リゾート。高級で大人向けのところだと思っていたのですが、宿泊時期や場所を選べば、普通の温泉宿と同額程度で泊まれるようですね。(例えば大人1人1泊15,000円とか。)しかも、子供向けのアクティビティが充実している宿泊施設もあるようで。今後の旅行の参考になります。しばらくは、我が家のバイブル(言い過ぎ!?)となりそうです。

 

子供が産まれてからは、「旅育」という言葉を意識しながら旅行していたので、「旅育」というコンセプトに関しては、目新しさに欠けていたように思います。その土地ならではの体験をしたり、っていうのは、これまでずっと心がけていたことですから。

 

家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ 旅育BOOK

家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ 旅育BOOK

 

 

本・子ども・絵本

 

この本、中川李枝子さんの世界に引き込まれます!

 

幼いころ、兄弟で競って本を読んだエピソードとか、保育士となって働き始めた後、保育園に置く絵本の選別をする時の真剣さとか・・・「ぐりとぐら」をはじめとする中川李枝子さんの作品のファンなら、楽しんで読める1冊です!!

 

私が読んだ単行本は入手できない(しづらい?)ようなので、文庫本ですが↓↓

本・子ども・絵本 (文春文庫)

本・子ども・絵本 (文春文庫)

 

 

『王様のブランチ』が恋した本

 

これも、旅育の本と一緒で、読んでると「あ、これ読んでみたいな」「このタイトル、懐かしい!!」と、うきうきできます。ベストセラーになった本が多いので、比較的万人受けするタイトルが並んでいます。

 

私が気になっているのは、最相葉月さんの「絶対音感」、白石一文さんの「私という運命について」、木皿泉さんの「昨夜のカレー、明日のパン」あたりかな。

 

私は冬休みの直前に読んだのですが、もう少し前に読んでいれば、ここで「読みたいな」と思った本を図書館にリクエストできたのにな、とそれが残念です。

 

『王様のブランチ』が恋した本

『王様のブランチ』が恋した本

 

 

千住家にストラディヴァリウスが来た日

 

バイオリニストの千住真理子さんのお母様・千住文子さんの書かれた本。バイオリン好きの方にはかなり興味深い本かと。スイスで見つかったストラディバリウスが千住真理子さんの手元に届くまでの様子が綴られています。

 

理学・医学系の親族に囲まれながら、芸術家3兄妹が育つなんて、というようなことが書かれていますが、このような兄妹の育つ家庭環境ですから、一般家庭とは様子が全く違います。千住真理子さんは、2歳半から、鷲見三郎さんにバイオリンを習っています。2歳半というのも驚きですし、鷲見三郎さんに、という点はさらに驚きです。

 

今月読んだ、「子どもの才能を最大限伸ばす子育て」を読んだ際にも思ったのですが、環境って大切だということがよく分かります。一流のバイオリニストなら、一流のバイオリニストになれるような環境が小さい頃から整っているし、東大に行くならそのような学習環境、体操で金メダルを取るなら、体操に没頭できるような環境が整っているんですよね。

 

娘が何になるか私には分かりませんが、何か夢中になるもの、将来の目標が定まったら、できる限り環境を整えてあげなくちゃ。

 

千住家にストラディヴァリウスが来た日

千住家にストラディヴァリウスが来た日

 

 

今年の目標の1つは「読書」。今月は何が読めるかな♪♪